記事一覧

ダイワ ピア39のジャーナルスタンダード別注“オールブラック”の機能ジャケット

日本のフィッシングブランド・ダイワが展開するダイワ ピア39(DAIWA PIER39)のジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)別注アイテムが、2022年1月29日(土)よりジャーナルスタンダード各店などで発売される。


2022年第1弾となる今回の別注アイテムは、ダイワ ピア39が展開する2型のジャケットがベース。バレンシアガ 服シルエットや機能はそのままに、ボディから細かなディテールに至るまでブラックで統一し、モダンなビジュアルに仕上げた。

「フィールドジャケット」は、クラシックなアウトドアウェアに見られるコーデュロイの襟を備えた1着。フロントとジャケット内側に大小さまざまなポケットをあしらうなど、フィッシングブランドならではのディテールもポイントだ。

「ウエストサイドキャップショルダー」は、バレンシアガ靴コピー特徴的なキャップショルダーの内側にメッシュを配し、見た目だけでなく機能性にもこだわった。「フィールドジャケット」同様、内側にはさまざまなポケットを搭載している。

【関連記事】:トレンドを押さえた製品が多く展開されており

シャネル 2022年春夏コレクション - 1980年代の高揚感を再び

シャネル(CHANEL)の2022年春夏 プレタポルテ コレクションで、クリエイティブ ディレクターのヴィルジニー ヴィアールは、フラッシュが瞬く中をモデルが闊歩する、1980年代のランウェイを思い起こした。あの場に溢れる高揚感を、当時を懐かしむと同時に今季のショーに蘇らせた。

“シャネルの現代風エレガンス”で1980年代の高揚感を再び――


カメラマンたちが熱視線を送る、ライブ感に溢れたランウェイでは、リゾート感溢れるスウィムウェアからシャネルスーツまでが登場する。カナダグース モンクレールそんな中で、まず目に留まるのはエレガンスを象徴するシャネルのブラック、またはホワイトのスウィムウェアだ。スポーティーなスウィムウェアには、大振りのジュエリーを重ね付け、ウェストマークとしてチェーンベルトをあしらい、フィッシュネットのスカートで軽快な女性らしさを添える。


マリン風のストライプ、風をはらむシフォン、シアーな素材のレイヤード……リラクシングなロングドレスやラッフルの重なるブラウスは、モデルたちの足取りをより軽やかにする。クロシェ編みやマルチカラーボーダーのミニドレス、シェブロンストライプのセットアップは、夏の訪れに向けた気持ちの高揚を表すかのようだ。


ランウェイのラストは、カラフルな蝶の羽が描かれたブラック シフォンのスタイルによって締めくくられた。空を舞う蝶のように可憐に動くシフォンのドレープは、ロマンティックな一面をのぞかせると同時に、一瞬一瞬で異なる表情を見せ、見る者たちの視線をくぎ付けにした。


【関連記事】:2022最新のファッションニュース

エズミ メン 2022年春夏コレクション

エズミ メン(EZUMi MEN)は、2022年春夏コレクションを発表した。

杉本博司・榊田倫之『Old Is New 新素材研究所の仕事』からインスパイア



春夏の空気に溶け込む淡いブルーのチェック柄ワンピースは、透け感のあるガーゼ素材で。裾や胸元にあしらわれた控えめなフリンジディテールが布とともに柔らかく風を纏い、軽やかな空気感を演出している。


中でも、杉本博司の作品に見られる「見立て」の表現方法に着目。あるものを性質の異なる別のものに「見立てる」というプロセスを、ファッションのクリエーションに落とし込んでいる。中世や近世ファッションの素材や技法を現代的に再解釈し、独自の服に見立てていくことで、新しい表現やデザインを追求した。


「見立て」は意外性のある素材やパーツの組み合わせによってデザインに反映。例えば、ざっくりとした涼しげな編地のカーディガンには、ハリのある生地でエポレットやフラップポケット、襟をあしらい、ミリタリージャケットを思わせる佇まいに仕上げている。

【関連記事】:異性間の友達にはどのような贈り物が適していますか?

キルティングジャケットの名門ラベンハムの2022年秋冬の最新ルック公開。

イギリス発、キルティングジャケットの名門「LAVENHAM」の日本オフィシャルサイトにて、2022年秋冬のルックを公開いたしました。



イギリスのクラフトマンシップから生まれた、ノースフェイス テントストーリーあるブランドを提供している渡辺産業株式会社は、イギリスを代表するキルティングジャケットブランド「LAVENHAM」の日本オフィシャルサイトにて2022年秋冬のルックを公開いたしました。



さらにプロダクトページではメンズ・ウィメンズともに2020年秋冬の幅広いラインアップをご覧いただけます。トレンド感あるデザインを取り入れた最新モデルに加えて、これまでの定番モデルもアップデートして新登場。細部のパターンを見直しモダンで着心地よく、さらに動きやすいデザインになっています。



ロンドン北東部サフォーク州の小さな美しい村に1969年設立されたラベンハム。同年ホース・ブランケットを発表。1972年にはラベンハムを象徴するダイヤモンドキルティングジャケットを発表。ベルルッティ財布コピーラベンハムを象徴する定番のダイヤモンドキルトは、ダイヤモンド型の角を交差させ、伸縮性のあるナイロン上糸と、毛羽立たせたポリエステル下糸を使用することでほつれを防ぎ、耐久性を高めています。すべての商品は、サフォーク州サドバリーの自社工場で製造。生地、スタッド、ウェッビング等を厳選し、一着ずつ丁寧に作る製品は実用的で耐久性に優れています。

【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

【2021冬ダウン】カラーダウンを大人こそ!シックな着こなし3カラー

キャッチーなカラーなら、冬の街に映えてメリハリ作りも簡単
黒、白、ベージュなどベーシックな色を選びがちなダウンですが、意外とあると便利なのがカラーダウン。色に強さがあるから羽織るだけでコーデにキレが生まれるし、量産型の防寒コーデからも脱却!インナーをモノトーンで締めたり、カラーグラデでボリュームを削ぎ落とせば、着膨れせずにスタイリッシュに着こなせます。

【ローズピンク】ピンクグラデをグレーで締めて、上品カジュアルに



▲コート¥28,600(エル・エル・ビーンカスタマーサービスセンター<エル・エル・ビーン>) ニット¥44,000(グラフペーパー) パンツ¥49,500(アルアバイル<ハーヴェルスタジオ>)  “ワンエーアール バイウノアエレ”のブレスレット¥24,200 “ウノアエレ”のリング¥104,500(ウノアエレ ジャパン) バッグ¥179,300(ピエール アルディ 東京<ピエール アルディ>)

華やかなローズピンクも、メタリックな発色のおかげで大人かっこいいムードに。キレイめパンツで女っぽいピンクグラデを作ったら、優しく引き締めてくれるグレーで程よく甘さを中和して。カジュアルな中にも、フェミニンさを残したスタイルに。

【アイシーブルー】ブルー×モノトーンで作る、洗練感ありな大人スポーティ



▲コート¥22,000(トラディショナル ウェザーウェア青山店<トラディショナル ウェザーウェア>)  トップス¥26,400(アマン<カバナ>) パンツ¥19,800(ビームス 公式オンラインショップ<デミルクス ビームス>) バングル¥14,300(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ シルバーコレクション>) バッグ¥78,100(ピエール アルディ 東京<ピエール アルディ>)  靴¥23,100(シシ)

インナーに白ロゴトップスを合わせることで、ダウンコートのブルーが爽やかに引き立つ。重たく見えがちな冬でも、軽やかな印象が叶います。メンズライクなテーパードパンツを合わせて、ハンサムに仕上げて。


【関連記事】:http://ajer.jp/diary/149

ヘリーハンセン×アクタスの人気コラボラインによる、焚き火好き必見の長丈難燃フリースベスト。

老舗アウトドアブランドHELLYHANSEN(ヘリーハンセン)と日本有数のインテリアショップACTUS(アクタス)による、アウトドアとインドアの境界がないライフスタイルを提案するLandNorm(ランドノーム)コレクション。新作は焚き火を満喫するのに欠かせない難燃プロダクトだ。

チルタイムにジャストな優しい肌触りと着心地。



LandNorm FLAMEPROOFWOOL FIBERPILE THERMOVest ¥33000

ヘリーハンセンの定番素材にして元祖フリースといえるファイバーパイル サーモにウールをプラス。クラシカルな風合いは残しつつ難燃性を向上させて、着丈長めのベストに。防寒性はもちろん、小物収納にピッタリなサブポケットやレイヤードしやすいサイドオープン仕様など、機能面も万全。



LandNorm FLAMEPROOFWOOL FIBERPILE THERMOVest ¥33000

LandNorm Flameproof Denim Utility Pants¥17600

リサイクルコットンやタフなコーデュラナイロンを使用した、肌当たりソフトで火の粉が触れても燃え広がりにくい難燃デニムを採用。裾に向けてテーパードするベーシックなシルエットだから合わせやすく、どんなテイストとも相性よし。中身が落ちにくいファスナー付きポケットを装備する。


【関連記事】:http://vercopy.mystrikingly.com/

ヴィンテージミリタリーな1着を最新素材で。マーモットがおくる温故知新な別注アウター。

キーワードである“本当に価値のあるもの”を世界中からピックアップするWEBショップARKnets(アークネッツ)から、Marmot(マーモット)に製作を依頼した別注モデルがリリース。

ヴィンテージミリタリー“モンスター パーカ タイプ1”を下地に、メガネスーパーコピー 専門店アウトドアブランドならではの最新テクノロジーを融合させた他にはない一着に。


Monster Parka Type-1 Mod ¥49500

モンスターパーカの中でもショート丈に仕上げた、古着市場で希少なタイプ1がデザインソース。表地に軽量で撥水性のあるナイロンタフタ、中輪にダウンのように暖かいうえに蒸れにくい“3Dエフテックスプラス”を採用。豊富なデッドエアーを溜め込むことで高い保温性を発揮してくれます。



古き良きヴィンテージと最先端の素材使いを一つにしたアウターは、2021年12月4日(土)に発売スタート。携帯ケーススーパーコピー温故知新ともいうべきデザインで街着へと落とし込むことで、奥深いミリタリーの世界観を身近な存在にしてくれました。

【関連記事】:最新のコレクション情報

ディガウェルの限定スウェット、杢グレーの配色を効かせたフーディー&テーパードスウェットパンツ

ディガウェル(DIGAWEL)は、期間限定スウェットアイテムを2021年12月1日(水)よりディガウェル1、ディガウェル全国取扱店にて数量限定販売する。

限定カラーの配色スウェット



期間限定アイテムとして登場するのは、グリーンとマルーン、2色の限定カラーに彩られたスウェットシリーズ。フーディー、シャツ、パンツの3型をそれぞれ用意する。



リバースウィーブフーディー 24,000円
素材には、しっかりとした肉感がありつつしなやかで柔らかい30/7裏毛を採用。ルイヴィトン服メンズ程よく立体感もありながらリラックスした佇まいを演出する。袖口や脇、ウエスト裏などのパーツを杢グレーの配色にすることで、アクセントを効かせた。



スウェットパンツ 22,000円
スウェットパンツは、ヒップやもも周りはゆったりとしたフォルムに仕立て、膝から下にかけてテーパードを効かせた新シルエット。ディガウェルで人気のツータックテーパードパンツをジャージにしたイメージのボトムスだ。


【関連記事】:定番のスタッズデザインは1つ持っておくべき
人気カラーのヌーディーベージュ?美脚に演出してくれます!

レディースダウンジャケット2021、人気の高級アウターブランドはじめ“軽量で暖かい”新作

2021年の秋は比較的暖かかったが、そろそろ冬も本番へ。寒い冬に欠かせないアイテムと言えば、暖かくて軽量なダウンジャケット&コートだ。今年も高級アウターブランドをはじめ、各ブランドから新作ダウンアイテムが登場する。人気・定番モデルの新作から、2021年注目のコラボレーションまでを網羅して紹介。



アルテルス 218,900円
モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)にハイク(HYKE)が初参加。「4 モンクレール ハイク」では、ヴィンテージやユニフォームへの関心、ヘリテージの再構築をベースにミニマルで実用的なダウンジャケットを展開する。

■4 モンクレール ハイク 2021年秋冬シーズン レディースダウンジャケット&コート
アルテルス 218,900円



パキータ(PAQUITA) 235,400円
同じくモンクレール ジーニアスから登場する、ヴェロニカ・レオーニが手掛ける2 モンクレール 1952 ウーマンからは、クロップド丈やロング、メタリックやパテントなど、様々なシルエットや素材感のダウンアイテムがラインナップ。型にはまらない前衛的な着こなしを実現する、着脱可能なパーツやゴムやベルトを配したディテールも特徴だ。

■2 モンクレール 1952 ウーマン 2021年秋冬シーズン レディースダウンジャケット&コート
パキータ(PAQUITA) 235,400円



<レディースダウンジャケット>サルマ 116,600円
ダウンアウターを展開するブランドとして不動の人気を誇るタトラス(TATRAS)。今季は、人気モデル「ポリテアマ」と似たフィット感のフレアラインを実現したダウンジャケット「ガノ」、くびれのある女性らしいエレガントなシルエットを叶えたダウンコート「サルマ」などが登場する。

【関連記事】:https://gumroad.com/vercopy/posts

ミニマル&コンフォート! 今冬のメインは、タトラスのダウンジャケット/mirabellaで買えるモード vol.26

モダンでレディーライクなムードが魅力的なタトラスのアウター。2021年秋冬コレクションは、毎シーズン人気を集めるタトラスの定番モデルと新作が勢揃い。デザインチームがこだわり抜いた素材とシルエットは、最高の着心地を叶えてくれる。mirabella(ミラベラ)では、今シーズン特に注目すべきダウンジャケットを特集。上質なホワイトグースダウンは軽量で防寒性も抜群。ボトムスとのバランスも考慮された、とっておきのダウンジャケットを今年の冬こそ手に入れて。



シーズンより登場した「MALE(マーレ)」は、便利なリバーシブルモデル。微光沢のセミシャイニーと、マットなワッシャーナイロン素材をその日の気分で選べる。モンクレール 服 メンズアームホールの広がったポンチョシルエットなので、ドルマンスリーブのニットなどを着ている日でも楽に羽織れるのが嬉しい。袖は七分丈で、アクティブに動きたい日におすすめ。



タトラス定番のノーカラーダウンジャケットといえば「AREN(アレン)」。襟元のギャザー入りの切り替えがアクセントになっており、腰ポケットにはファスナーを見せないタイプのコンシールファスナーが付く。シンプルなジャストサイズなので、どんな装いにも合わせやすい。カラーはベージュとブラック、チャコールグレーの3色展開。



襟元まで繋がるファーがエレガントな「ISERA(イセラ)」は、真冬でもあたたかく外出できるダウンコート。スーパーコピーファッションスリムでミニマルなシルエットがスタイルアップを叶えてくれる。発色がきれいなシャイニー素材と落ちついたマット素材のリバーシブル仕様。ファーは取り外しが可能なので、シーンにあわせてスタイルを変えてみて。

【関連記事】:https://stylowi.pl/vercopy

90ʼs古着と観葉植物が並ぶ、外遊び好きミドルエイジ直撃のショップがオープン!

厳選された90年代古着と観葉植物、生花が並ぶ新感覚のショップ「Tem(テム)」が、10月下旬に東京の成増にオープンした。



外遊び好きのオトナが気になるキーワードが並んでいるが、ノースフェイス テント板橋区の成増というファッションシーンとは無縁そうなローカルな立地も穴場感が満載。



さらに、会期初日となる11月6日(土)は、13:00から19:00まで平沼氏によるバッジのカスタムワークショップと、ミルクサービスの出店も決定。東武東上線成増駅から徒歩5分なので、電車で気軽に訪れることもできる。

ミドルエイジを直撃するプロダクトが厳選された、どこか懐かしくもあるフレッシュな空間で、洗練されたポップアートや極上のミルクティを味わってみては?

【関連記事】:http://dclog.jp/vercopy/

バーバリーが誇る画期的な素材「ギャバジン」が軽量に進化。六本木ヒルズではアウターをフィーチャーしたポップアップも

バーバリーはブランドの核として存在するアイコニックなアウターウエアを称えたキャンペーンを公開しました。創業者トーマス・バーバリーがギャバジンを考案したことや、ブランドのアウトドアに通じる歴史からインスパイアされ、リカルド・ティッシは、すべてのコレクションに自然と探究への親和性をもたせています。


フォトグラファーのダンコ・シュタイナーによって撮影されたキャンペーンイメージでは、自由と探究の概念を表現しています。キャストにイリーナ・シェイク、ニック・ミンウ、マイルズ・ガードナー、ニクラス・ベイカーを起用し、 英国のカントリーサイドの真ん中で台座に立つ彼らの後ろでは、ダンサーが無重力で動く、夢のような光景が繰り広げられています。



今回、バーバリーが誇る画期的な素材であるギャバジンに、新しく軽量のギャバジン素材が登場しました。英国で職人によって織られ、圧縮したツイルを使用して軽量に仕上げられた新素材は、キルティングやパファーなど、さまざまなアイテムに応用できる流動性をもっています。

パファージャケットは、最新の素材と技術を使って製作されています。風を通さず耐水性に優れたナイロン素材で作成し、コットンギャバジン素材を組み合わせたスタイルは、繊維の飛び出しを防ぐリサイクルナイロン素材のファブリックポケットを採用しています。また、デザイン上のすべての要素は、アウトドアで着用する際の自由を確保するために、防寒性、防護性、重量感など、さまざまな用途で需要を満たすよう緻密に調整されています。

クラシカルなキルティングのスタイルは、季節の変化によってレイヤリングがしやすいよう、重量感と耐久性のバランスが慎重に選ばれています。

なお、このアウターウエアをフィーチャーしたポップアップストア「THE IMAGINED LANDSPACES POP-UP」をグローバルで展開。日本では、2021年11月3日から16日までの期間限定で、六本木ヒルズO-YANE PLAZAにて開催いたします。



イングランドで織り上げたコットンギャバジン素材は、シグネチャーのチェック柄のライニングを施したブラックとハニーのクラシカルなトレンチコートや、ウエストのドローコードや取り外し可能なフードとリブニットのカフを取り入れたブラックのイタリアメイドのコートなどに使用されています。

キルティングのスタイルは、ダイヤモンドキルティングを施したハニーのギャバジン素材のジレ、取り外し可能なフードとラグランスリーブを採用したダークバーチブラウンチェックのナイロンのパファージャケット、チェックのライニングとロゴをエンボスしたレザーパッチをフィーチャーしたコーデュロイカラーのバーンジャケットなどがラインアップ。キルティングのデザインは、蒸発性と通気性を高める体温調節技術が備わっています。そのほか、ロゴアップリケを施し、コーデュロイカラーを取り入れたキャメルのダイアモンドキルティングジャケットも登場。

パファーは、取り外し可能なフードとリブニットのカフをフィーチャーし、コットンギャバジン素材を使ってイングランドで織り上げたハニーカラーのコートや、ウエストを調節してシルエットを変えられるドローコード付きのデザイン、リブニットカフを取り入れ、リラックスフィットに仕上げたギャバジン素材のコート、シアリングカラーのジャケットなどで展開いたします。


【関連記事】:https://vercopy.webstarts.com/index.html

ビューティフルピープルの新作コート、チェック柄のコクーンシルエット&ボリューム袖のステンカラーコート

ビューティフルピープル(beautiful people)の2021年秋冬コレクションから、ユニセックスのコートが登場。カナダグース アウトレットビューティフルピープル 青山店・伊勢丹新宿店・渋谷パルコ店・阪急うめだ店・ジェイアール名古屋タカシマヤ店ほかにて発売される。

独特のパターンを取り入れたコート



block check rever submarine coat 120,000円
新作として登場するのは、衣服の上下をひっくり返すことで生まれる機能性やフォルムに着目する、「ダブルエンド(DOUBLE-END)」のコンセプトに基づいたコートだ。



block check rever submarine coat 120,000円
サブマリンコートは、大きめの襟、ドロップショルダーでボリュームのある袖、そして丸みを帯びたコクーンシルエットが特徴的な1着。MONCLER服スーパーコピーn級品ダークトーンのチェック柄をベースとしつつ、裾を防水素材に切り替えている一般的なサブマリンコートをイメージして、上下で濃淡の差をつけることで雨で濡れたような表情を生み出した。



tasmania polwarth submarine coat 136,000円
また、チェック柄のサブマリンコートと同じパターンで、定番・リバーコートを仕立てたコートも。素材には、ハリと柔らかさを兼ね備えた上質なウールを高密度で織り上げ、しっかりとした肉感と柔らかさをもつファブリックを採用。遊び心あるフォルムながらも、ニュートラルなカラーリングで上品な佇まいに仕上げている。


【関連記事】:http://vercopy.livedoor.blog/

出典:fashion trend news 『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング』コラボアイテム全6型着てみた結果:ダウンとフリースの傑作だった!

【ユニクロ(UNIQLO)】と、アウトドアのエッセンスを独自の解釈で発信する日本発の人気ブランド【ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)】が、初となるコラボレーション・コレクション『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング(UNIQLO and White Mountaineering)』をリリース! 10月15日(金)より公式オンラインストアと全国のユニクロ店舗で発売されるのを前に、ウィメンズ&メンズ全6型を試着して実物を詳しくチェックしてきました!



【ホワイトマウンテニアリング】を手がけるデザイナー、相澤陽介(あいざわ・ようすけ)さんは、1977年生まれで、多摩美術大学卒業後、2006年に【ホワイトマウンテニアリング】をスタート。海外で新作コレクション発表を続ける一方、【Moncler W】【adidas originals】【HUNTING WORLD】など、さまざまな海外ブランドのデザインも手がけています。“服を着るフィールドはすべてアウトドア”というコンセプトのもと、相澤さんの服づくりはデザイン・実用性・技術の3大要素で構成されています。今回の初コラボでは、フリース・ハイブリットダウン・ウルトラライトダウンといった【ユニクロ】のアイコニックな高機能あったか素材を存分に使った、相澤さんらしいアウトドアムード満点の新作ワードローブが爆誕! ウィメンズ&メンズ6型に加え、ファミリーでおそろいコーデが楽しめるキッズ3型の合計9型で展開されます。

ウィメンズ&メンズ全6型を着てみたら:ジェンダーレスで気に入った♡
過去にもエディター沖島による試着コーデをご紹介した「ユニクロ ユー」「ユニクロ × セオリー」もそうですが、最近の【ユニクロ】の新作は、ウィメンズ・メンズと性別でコレクションが分かれていても基本はジェンダーレスで着てよい服が多いです。今回ご紹介している『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング』も一応ウィメンズ・メンズ(+キッズ)と分かれていますが、デザインや機能が気に入ったらどれでも性別関係なく着ちゃってください◎。ちなみにコーディネート的には、女子の場合、アウトドアムードのアウターにフェミニンなふわ揺れスカートを合わせたミックスコーデがトレンドなので、エディター沖島もすべて私物の【ユニクロ】ロングプリーツスカートに合わせてみました。では全6型を詳しくチェック!



ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ¥9,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)

出典:fashion trend news
活発に動かす腕や脇の下のパーツに“吸湿発熱中綿”を、ほかほかあっためたい身ごろにはフェザーとダウンを組み合わせた“プレミアムダウン”と、2種類のパックで構成することで軽く暖かな着心地を実現したハイブリッドダウンアウターは、2019年冬の初登場以来、大人気の次世代型アウターです。グッチ 服「ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ」(¥9,990)は、裾のドロストコードをキュッと絞ることでコクーン型にふんわりさせたり、ゆるめてリラックス感あふれるボックス型にしたりと、自在にシルエットチェンジ可能。



ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ¥9,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)

出典:fashion trend news
トレンチコートのようなケープが背中にひらっとついているのがこだわりデザイン。また、ダウンパック(キルティング部分)が裏側に仕込んであるため、表側はすっきりノンキルト。着ぶくれ知らずでスマートなたたずまいが楽しめます。


【関連記事】:http://forkn.jp/user/vercopy/

ダウンコートを【残念なご近所コート】に見せないためのヒント2つ

新型コロナウィルスの影響で、この冬は、どこかへ出かけるよりも、自宅周辺で過ごすことが多くなっているようですね。そこで、例年以上に注目されているのが、ダウンコートです。

だれでも1着はもっている活躍度の高い冬アウターですが、おしゃれに着こなすのは実は難易度が高いのも事実。

『Precious』1月号「2021年冬版『コート』の正解着こなし13のルール」では、スタイリスト大西真理子さんが、コート選びから着こなしのテクニックまで、気になるコート攻略法を伝授しています。

ここでは、そのなかから、ダウンコートのおしゃれ技についていくつかクローズアップします!

軽くて暖かなダウンは、冬のデイリースタイルには欠かせない存在ですが、「ご近所コート」になってしまっている人も多いのでは? 今季のダウンの選び方や、大人の余裕を感じさせる着こなし方を、大西さんが徹底解説。


ダウン¥230,000(モンクレール ジャパン)、 ニット¥25,000(ロエフ 六本木店〈ロエフ〉)、パンツ¥32,000(MOGA)、ピアス¥89,000(エスケーパーズオンライン〈ソフィー ブハイ〉)、靴¥55,000(ペリーコ サニー)
「手持ちのダウンコートは、黒かベージュか、ネイビーか…ベーシックカラーがほとんどでしょう。

でも、それでは地味すぎ! この冬、周囲の人からも一目置かれるような着こなしを狙うならば、ゴールドやシルバーなど艶やかな色をチョイスしては?

『Precious』のおすすめは、シャンパンゴールドの一着。シャイニーな艶でインパクトがありながらも、品がいいのがポイント。シンプルな着こなしベージュのパンツやブラウンのロングブーツを合わせて、グラデーション配色にするだけで、旬の着こなしが完成します」


ダウン¥149,000(ヘルノ・ジャパン)、ニット¥23,000・パンツ¥33,000(ロエフ 六本木店〈ロエフ〉)、リング¥38,000(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、バッグ¥124,000(JIMMY CHOO)、靴¥19,000(シードコーポレーション〈ヴェジャ〉)
よく、デニムスタイルにダウンを合わせている人を見かけますが、それではまさに「ご近所ファッション」。

たとえ近くのスーパーへ買い物に走るときでも、フラノのパンツや、ウールのドロストパンツなど、パンツの素材にこだわれば、カジュアルもぐっとリッチに見えるでしょう。

写真は、ボリュームのある変形ダウン。シルエットがきれいな細身パンツを合わせることで、全体にすっきりと見え、さらにリッチ感も損なわれません。

バッグや靴などの小物は、この冬注目の白で統一して、抜け感をプラスすること。トレンドの斜め掛けバッグは、短めにすることでポイントが上になり、ボリュームダウンでもスタイルアップ効果につながります。


【関連記事】:https://vercopy.seesaa.net/

ロロ・ピアーナ|究極の柔らかさ!エレガンスと優れた防寒性を持ち合わせた洗練コート3選

この秋冬はどんなコートを着ようか、そろそろ気になる時期となりました。本格的なシーズンが到来する前に、チェックしておきたいのが、今季注目のダブルフェイスコート。軽やかでありながら、2枚重ねた生地で暖かく、機能的な点が、ストレスフリーなおしゃれを求める今のムードにも寄り添います。

そこで、体を包んだときに思わずうっとりする極上素材を用い、さっと纏うだけで大人の品格を引き出すダブルフェイスコートの新作を、最愛のラグジュアリーブランドから厳選。シリーズでご紹介します。

今回は「ロロ・ピアーナ(Loro Piana)」より、生後1年未満のヒルカス子山羊の下毛だけを使用した非常にエクスクルーシブなベビー・カシミアをダブルで使用したたコートをピックアップ。下毛とは、肌に近い内側にわずかに生えている短く柔らかく細い毛のことで、ロロ・ピアーナの真髄が感じられる卓越した自然素材です。

生地は完全に開くことのできる2層になっており、手作業で縫い目が見えないように縫合されています。ライニングはなく、繊維の究極の柔らかさと心地よさを一層高めるつくりが特徴。高い防寒性と軽やかな重量も理想的な、究極のコートです。



スタイリッシュなハイネックのデザインが特徴の「アレクサンドル・コート」。カラーにあしらわれた2つのボタンはマットブラックのレザー仕上げで、首元をさらに印象的に演出します。スライドバックル付きのファブリックベルトがウエストのアクセントに。



長め丈で体を包み込むような、たっぷりとしたボリュームあるシルエットの「ターナー・コート」。袖にあしらわれた2本のシームが個性的なアクセントを添えています。グッチ財布コピーファブリックベルトのバックルはレザーで仕上げられており、リッチ感が光る仕上がり。



こちらも同じく「ターナー・コート」ですが、襟とラペルの縁にあしらわれたホワイトのトリムがグレーにフレッシュに映え、コントラストが効いた配色。インナーをグレーやホワイトで揃えて、瀟洒なカラーリングを際立たせた着こなしもおすすめです。


【関連記事】:https://vercopy.blog.fc2.com/

トレンチコートのおすすめブランド


アクアスキュータムは、1815年に仕立て職人のジョン・エマリーが、イギリス・ロンドン西部の高級住宅地に紳士服店を創業したのが始まりです。ブランドが生まれてから現在まで、世界中で愛され続けています。

上質な素材や着心地のよさ、仕立ての美しさなどすべてにおいてバランスがよいことがポイント。長く愛用できるブランドとして人気を集めています。



マッキントッシュは、イギリスを代表するアウターウェアブランドです。2015年には新生マッキントッシュとして生まれ変わり、昔ながらのデザインに現代的なデザインをプラスして提案しているブランドです。

クラシックな雰囲気たっぷりの定番コートは、今でも愛され続ける名作。シンプルながら飽きのこないデザインが特徴です。



1987年にフランス・パリで設立されたブランドです。ブランド名は「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」の略で、デザイナーの名前を服のデザインに結び付けたくないという意図があります。

スタンダードで上質なトレンチコートが揃っており、どれを選んでも長く使えるのが魅力。ほかのブランドに比べて価格帯が手頃なこともおすすめのポイントです。

【関連記事】:https://vercopy.at.webry.info/

黒のファーブルゾン

黒のファーブルゾンは、カジュアル・きれいめどちらのスタイルにも◎な万能アイテム。合わせるボトムスや小物次第で表情をチェンジできるので、とっても便利! 黒の重さを感じさせないヌケ感を意識してスタイリングを。

黒ファーブルゾン×デニム
▼キャスケット&スニーカーでデイリーに



重くなりがちな黒のファーブルゾンですが、ブルーデニムと合わせてカジュアルさを演出すると軽い着こなしに。https://www.vercopy.com/キャスケットやスニーカーなど、カジュアル小物をプラスすると、エレガントなファーブルゾンもデイリーな仕上がり。

▼ショートブーツ&ミニバッグで大人カジュアル



ポインテッドトゥのブーツ&きれいめミニバッグを添えれば、大人っぽさ満点なカジュアルコーデに。クロムハーツ パーカー コピー黒のシックさと、デニムのカジュアルさのテイストMIXが今っぽい雰囲気を作ってくれる。

黒ファーブルゾン×タイトスカート



黒のファーブルゾン×濃いブラウンのタイトスカートでスッキリ大人の女性に。ファーブルゾンに適度なボリュームがあるので、タイトスカートでシルエットを引き締めるとスタイルアップも叶う。

【関連記事】:https://www.pixiv.net/users/57872077

旬をたっぷり取り入れたブラックコーデ

レザージャケットにファーのバケットハット、アニマル柄など旬なアイテムをたっぷり取り入れたトレンドライクなコーデはブラックカラーでまとめてクールに演出。アニマル柄のバケハが程良くカジュアルダウンしてくれますよ◎ このように強すぎないスタイルを楽しみたいときには、ファーやアニマル柄などちょっとキュートなアイテムをプラスするのがオススメです。



関送込 ロエベ セーター 偽物 ケーブル アナグラム H526Y14K834160

メンズファッション » トップス » ニット・セーター

【商品詳細】

ルーズフィット

色: カーキグリーン

素材: Wool

重さ : 1.194 kg

ウール製のケーブルニットセーター。フロントにラージニットアナグラム付きです。



オーバーサイズがトレンドライクなコートは、だぼっとしたシルエットで重たくなりがち。そんな時は、大胆に柄アイテムを合わせることでピリッと引き締まったスタイルが完成しますよ。さらに鮮やかなカラートップスをチョイスして、一気に垢抜けた雰囲気を演出しましょう♪

※すべての商品情報・画像はWEAR出典です。
※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しており、価格変更や販売終了の可能性もございます。記事内の情報は執筆時のものになりますので、ご了承ください。


【関連記事】:https://vercopy.blog.ss-blog.jp/

秋冬をアップデートする最新小物【ディオール】のスカーフが多彩なバリエでお目見え

スカーフを取り入れた最旬スタイルにセレブも夢中♡
ディオールの2020-2021秋冬 コレクション ショーで、マリア・グラツィア・キウリは自身の家族写真から着想を得て、スカーフのシリーズをデザインしました。

コットンシルクのタイダイプリントや、1974年にマルク・ボアンが発表したサマースタイルを彷彿させるシルクツイルのポルカドット、「ディオール オブリーク」ロゴなど多彩なバリエーションを、匠の技が息づくダブルフェイス仕様のプリントにジャカード織と手仕事が活きるフリンジのトリミング、そして“Christian Dior”のシグネチャーで印象的に仕上げました。



バンダナのように頭に巻いたり、ヘアバンドのように髪に結び付けたり、バッグのアクセサリーにしたり… スタイルをアップデートする小物として、タイムレスに使えるスカーフ。この秋冬、あなたも取り入れてみませんか?


【関連記事】:https://seesaawiki.jp/vercopy/

ページ移動